軍艦島実測調査資料集 追補版

大正・昭和初期の近代建築群の実証的研究

軍艦島実測調査資料集 追補版
著者 阿久井 喜孝 編著
滋賀 秀実 編著
ジャンル その他
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784501620707
判型・ページ数 A4・705ページ
定価 本体36,000円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

待望の完全復刊!
『軍艦島 実測調査資料集〔追補版〕
大正・昭和初期の近代建築群の実証的研究』
阿久井喜孝・滋賀秀實 編著
1984年の初版より20余年,"完全復刊"して発売
「その後の軍艦島」(2001年オンデマンド版)を加筆修正
現在では調査不可能な閉山直後の大型図録を収録

現在,世界遺産登録へ向けた運動や,廃墟ブームを背景にした観光資源として新たな注目を集める長崎県の端島<軍艦島>。明治23年から昭和49年の閉山まで石炭を産出し,わが国の近代工業化を支えた海底炭鉱の島である。当時はまだ実験段階にあった50棟近い鉄筋コンクリートの高層アパートが乱立し,その景観から「軍艦島」と呼ばれている。


1:閉山直後から10年に及ぶ調査・研究と収集資料を集大成延べ2000人を越える調査要員を動員した実測調査の成果と,現地で収集した資料の一大集成
2:写真と図版で軍艦島を紙上に復元口絵10頁,写真800枚,図版760枚,1/100図にはじまる特大折込図15枚により軍艦島の全容を記録。

ご注文

36,000円+税

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧