インターネットと〈世論〉形成

間メディア的言説の連鎖と抗争

インターネットと〈世論〉形成
著者 遠藤 薫 編著
ジャンル 社会科学
出版年月日 2004/11/01
ISBN 9784501620509
判型・ページ数 A5・362ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

「世論」形成の諸相を記述・分析・考察
◆ 第Ⅰ部 インターネット社会における<世論>の諸問題
1 インターネット社会における<世論>とは何か
2 コミュニケーション・メディアとしてのインターネット
3 インターネットと<公共圏>
4 インターネット社会における<群集>
5 メディア複合環境における間メディア性の諸様相
6 インターネットとマスメディア
7 インターネットにおける個人/集合的コミュニケーションの構造
8 インターネット・コミュニケーションと<現実>の相互連結
9 インターネットにおける文化実践と<世論>
◆ 第Ⅱ部 現場からの報告
10 日本のブログと<間主観性>について
11 佐世保事件におけるマスメディア報道とインターネット
12 マスメディアがブログと出会うとき
13 多極化の岐路に立つ韓国のオルタナティブ・ジャーナリズム
14 Winny問題とネット
15 電車男の物語
16 東アジアの「インターネット・ナショナリズム」
◆ 第Ⅲ部 「2ちゃんねる」という問題
17 社会現象としての「2ちゃんねる」
◆ 第Ⅳ部 インターネットと<世論>,そして社会変動
終 現代社会とメディア問題

ご注文

3,500円+税

カートに入れる

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧