都心の土地と建物

東京・街の解析

都心の土地と建物
著者 八木澤 壮一
吉本 正信
吉村 彰
ジャンル その他
出版年月日 1987/03/01
ISBN 9784501611002
判型・ページ数 B5・416ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

20年間にわたる調査データをもとに実証的に街を解析し,都心の将来を予測している。
カラー口絵
第1編 街の解折とその背景
 1章 解折手法と意義
 2章 街の変遷と都市改造の流れ
第2編 土地・建物の利用構造
 1章 都心千代田の土地と街区
 2章 建物用途と階別用途
 3章 都心の学校とその環境
 4章 街の分析:神田淡路町
 5章 土地の利用規制とその影響
第3編 都市改造とその影響
 1章 オリンピック前後の動向
 2章 青山通りと周辺の変化
 3章 子どもと生活環境
 4章 都市改造と権利変化
第4編 沿道空間と街路景観
 1章 幹線街路と沿道空間
 2章 沿道空間分析Ⅰ:本郷・日比谷通り, 3章 沿道空間分析Ⅱ:青山・玉川通り
 4章 青山通りの景観の変遷
第5編 街と都市の将来
 1章 土地・建物からみた都心の将来
 2章 都心のゆくえ
記録
別冊 連続立面図

ご注文

12,000円+税

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧