学生のための情報リテラシー Office 2016/Windows 10版

学生のための情報リテラシー Office 2016/Windows 10版

Microsoft Officeを活用して情報リテラシーを身につけるテキスト。実践的な例題を手順にそって丁寧に解説。

著者 若山 芳三郎
ジャンル 情報・コンピュータ
シリーズ 学生のための
出版年月日 2016/10/01
ISBN 9784501554408
判型・ページ数 B5・196ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

Microsoft Officeを活用して情報リテラシーを身につけるテキスト。基本的な文書作成・表計算・プレゼン資料の作成から、データベース、HTMLまで、重要な項目を精選して解説。実践的な例題を手順にそって丁寧に解説。スマホ中心利用でパソコンが苦手な方に向け、キーボード入力の基礎やPCメールの使い方も解説。情報教育の教材や自学自習のテキストに。

 リテラシーとは,「読み,書き」という誰でも持っている基本的な能力を意味する言葉である.情報リテラシーとは,「読み,書き」という誰でも持っている基本的な能力と同じように,パソコンによる情報処理能力を持つということである.
 現在,インターネットをはじめ,IT(Information Technology)すなわち情報技術が,社会のあらゆる分野に浸透している.
 このような社会において,パソコンの利用方法を学び,情報処理の技術を持たないと,必要な情報が得られない,就職活動にも影響するなど,大きな不利益を被ることになる.すなわちデジタルデバイド(情報格差)を生じることになる.
 すでにパソコン・タブレット端末・スマートフォンを所有し,インターネットを使い,電子メール・ツイッターなどで情報のやりとりをしている学生諸君も多いと思う.しかし,それだけにとどまらず,情報処理技術について系統的に学習することは大切である.
 本書は,大学や専門学校を卒業し,社会に出て仕事に携わるときに必要なパソコンによる情報処理技術についてまとめたもので,Microsoft Officeを中心として,次の項目から構成されている.
 1.情報化社会と情報リテラシー
 2.パソコンの構成とソフトウェア
 3.パソコンの基本操作
 4.Wordによる文書の作成
 5.Excelによる計算表とグラフの作成
 6.PowerPointによるプレゼンテーション資料の作成
 7.Accessによるデータベース
 8.インターネットの利用
 これだけマスターすれば,パソコンを使ってひととおりの情報処理はできると思う.しかし紙数に限りがあるため,個々の項目については割愛した部分も多い.これについては他書で学習し,パソコンを使いこなせるようになっていただきたい.
 本書は,大学や専門学校における情報リテラシーのテキストとして作成したものであるが,情報リテラシーの独習書としても使えるように配慮した.本書により情報リテラシーについて学習し,パソコンを使いこなし,仕事に役立てていただきたい.
 本書の編集の労を執っていただいた坂元真理さんに心から感謝の意を表したい.

2016年10月
著者しるす

◆書籍関連情報◆


関連ファイルのダウンロード
CHAPTER1 情報化社会と情報リテラシー
 1・1 工業化社会から情報化社会へ
 1・2 情報化社会の問題点
 1・3 情報リテラシーとは
CHAPTER2 パソコンの構成とソフトウェア
 2・1 パソコンの基本構成
 2・2 ソフトウェアの概要
 2・3 Microsift Office
CHAPTER3 パソコンの基本操作
 3・1 Windowsとアプリケーションソフトの起動・終了
 3・2 ウィンドウの基本操作
CHAPTER4 Wordによる文書の作成
 4・1 Wordの画面
 4・2 簡単な文書の作成・修正
 4・3 ボタンの使い方・文書の印刷・保存
 4・4 文字入力と編集
 4・5 知っていると便利な機能
 演習問題
CHAPTER5 Excelによる計算表とグラフの作成
 5・1 簡単な計算表の作成
 5・2 表計算のテクニック
 5・3 関数の使い方
 5・4 便利な計算方法
 5・5 データベース
 5・6 グラフの作成とExcelとWordの連携
 演習問題
CHAPTER6 PowerPointによるプレゼンテーション資料の作成
 6・1 プレゼンテーションの概要
 6・2 スライドの作成
 6・3 いろいろなスライドの作成
 6・4 プレゼンテーションの表示効果
 6・5 説明資料の作成
 演習問題
CHAPTER7 Accessによるデータベース
 7・1 Accessの構成
 7・2 テーブルの作成
 7・3 データベースの取り扱い
 7・4 クエリ
 7・5 フォームの作成
 7・6 レポートの作成
 7・7 ExcelとAccessの連携
 演習問題
CHAPTER8 インターネットの利用
 8・1 インターネットの概要
 8・2 ウェブページの閲覧
 8・3 電子メールの送受信
 8・4 ウェブページ作成の基礎
 8・5 CSSを使ったウェブページ
 8・6 いろいろなウェブページの作成
 演習問題
索引

ご注文

2,200円+税

カートに入れる

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧