MAC OS X COCOAプログラミング 第4版

MAC OS X COCOAプログラミング 第4版

ベストセラーのCocoa入門書を最新のMACプログラミングテクノロジーに合わせて改訂。

著者 アーロン・ヒレガス
アダム・プレブル
東京電機大学 監訳
ジャンル 情報・コンピュータ
出版年月日 2014/05/01
ISBN 9784501552701
判型・ページ数 B5変・600ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

経験豊富なMAC OS X開発者から高い支持を受けているベストセラーのCOCOA入門書を最新のMACプログラミングテクノロジーに合わせて改訂。Objective-C言語と、COCOAにおける主な開発パターンを網羅。またXcodeとInstrumentsという最もよく使用される開発ツールについての入門書である。第4版では、MAC OS X 10.6と10.7に対応。

 あなたがMac用のアプリケーションを開発している、あるいはそうしようと考えているのであれば、本書はあなたにぴったりのものとなるはずです。では、本書にはあなたがMacのプログラミングを行う上で知っておくべきことがすべて網羅されているのでしょうか。もちろんそんなことはありません。しかし、あなたが知っておくべきことの約80%は網羅されているはずです。そして、残りの20%(これは人によって異なった内容となるでしょう)については、Appleのオンラインドキュメントを読むことで得られるはずです。
 本書は基礎を築くのに役立ちます。本書では、Objective-C言語と、Cocoaにおける主な開発パターンを網羅しています。そして、XcodeとInstrumentsという2つの最もよく使用される開発ツールについての入門書ともなっています。また、本書を読めば、Appleのオンラインドキュメントを理解し、活用できるようにもなるはずです。
 本書には数多くのコードが収録されています。こういったコードを読み進めることで、Cocoaコミュニティが使用しているイディオムにもなじめるようになるはずです。本書には、模範となるコードを見てもらうことで、単なるCocoa開発者ではなく、スタイリッシュなCocoa開発者になって欲しいという思いも込められているのです。
 この第4版では、Mac OS X 10.6と10.7で登場したテクノロジが含まれています。Xcode4、自動参照カウント(ARC)、ブロック、ビューベースのテーブルビュー、そしてMac App Storeです。さらに、iOS開発の基礎について章を1つ割きました。
 本書は、C言語によるプログラミングとオブジェクトについて多少の知識があるプログラマの方々を対象にしています。C言語やオブジェクトについての知識がない方は、先に『Objective-C Programming:The Big Nerd Ranch Guide』をお読みください。Mac OS Xと開発ツールが手元に用意されていることを前提としています。AppleのIDEであるXcode4.2は、無償で提供されています。有償のMac Developer ProgramまたはiOS Developer Programのメンバーは、Apple Developer ConnectionのWebサイト(http://devepoler.apple.com/)からXcodeをダウンロードすることもできます。
 私たちは、この書籍内にできる限り多くの有益な情報を盛り込むよう努力してきました。本書をさらによいものにしていくための指摘事項などがありましたら、cocoabook@bignerdranch.comまでフィードバックをお寄せいただけますと幸いです。

 アーロン・ヒレガス/アダム・プレブル
第1章 Cocoaの概要
 Cocoaの歴史
 ツール
 言語
 オブジェクト、クラス、メソッド、およびメッセージ
 フレームワーク
 本書の読み方
 表記規則
 よくある間違い
 学習に対する心構え
第2章 はじめましょう
 Xcode
 Interface Builder
 Objective-Cについて
 参考資料
 この章で行ったこと
 アプリケーションの時系列
第3章 OBJECTIVE-C
 インスタンスの作成と使用
 既存のクラスの使用
 独自のクラスの作成
 デバッガ
 この章で行ったこと
 静的アナライザについて
 もっと詳しく:メッセージングの仕組み
 課題
第4章 メモリ管理
 非自動参照カウントを使用する
 アクセサメソッド
 ARCを使用する
第5章 ターゲット/アクション
 NSControlでよく使われるサブクラス
 サンプルのSpeakLineアプリケーションの作成
 XIBファイルのレイアウト
 SpeakLineAppDelegateクラスの実装
 もっと詳しく:プログラムによるターゲットの設定
 課題
 デバッグのヒント
第6章 ヘルパーオブジェクト
 委譲
 NSTableViewとそのdataSource
 ユーザーインターフェースのレイアウト
 接続の作成
 SpeakLineAppDelegate.mの編集
 もっと詳しく:委譲の仕組み
 課題:委譲の作成
 課題:データソースの作成
第7章 キーバリューコーディングとキーバリューオブザービング
 キーバリューコーディング
 バインディング
 キーバリューオブザービング
 キーを監視可能にする
 プロパティ
 もっと詳しく:キーパス
 もっと詳しく:キーバリューオブザービング
第8章 NSARRAY CONTROLLER
 RaiseManアプリケーションの作成に着手する
 キーバリューコーディングとnil
 並べ替えの追加
 もっと詳しく:NSArrayControllerを使用しない並べ替え
 課題1
 課題2
第9章 NSUNDO MANAGER
 NSInvocation
 NSUndoManagerの仕組み
 RaiseManにアンドゥ機能を追加する
 キーバリューオブザービング
 編集のアンドゥ
 新しい従業員の追加と同時に編集を開始する
 もっと詳しく:ウィンドウとアンドゥマネージャ
第10章 アーカイブ化
 NSCoderとNSCoding
 ドキュメントアーキテクチャ
 保存とNSKeyedArchiver
 読み込みとNSKeyedUnarchiver
 もっと詳しく:無限にループしない理由
 もっと詳しく:プロトコルの作成
 もっと詳しく:ドキュメントの自動保存
 もっと詳しく:アンドゥの必要がないドキュメントベースのアプリケーション
 ユニバーサルタイプ識別子(UTI)
第11章 CORE DATAの基礎
 NSManagedObjectModel
 インターフェース
 もっと詳しく:ビューベースとセルベースのテーブルビューの違い
 課題
第12章 NIBファイルとNSWINDOW CONTROLLER
 NSPanel
 アプリケーションにパネルを追加する
 もっと詳しく:NSBundle
 課題
第13章 ユーザーデフォルト
 NSDictionaryとNSMutableDictionary
 NSUserDefaults
 デフォルトの設定
 ユーザーによるデフォルトの編集を許可する
 デフォルトの使用
 もっと詳しく:NSUserDefaultsController
 もっと詳しく:デフォルトをコマンドラインから読み書きする
 課題
第14章 通知の使用
 通知は何か
 通知にできないこと
 NSNotification
 NSNotificationCenter
 通知のポスト
 オブザーバの登録
 通知が発生した場合の処理
 userInfoディクショナリ
 もっと詳しく:委譲と通知
 課題
第15章 アラートパネル
 削除確認を行う
 課題
第16章 ローカライズ
 NIBファイルのローカライズ
 文字列テーブル
 文字列テーブルの作成
 もっと詳しく:ibtool
 もっと詳しく:フォーマット文字列でトークンの順序を明示的に指定する
第17章 カスタムビュー
 ビューの階層
 ビューに自身を描画させる
 NSBezierPathによる描画
 NSScrollView
 プログラムによるビューの作成
 もっと詳しく:セル
 もっと詳しく:isFlipped
第18章 イメージとマウスイベント
 NSResponder
 NSEvent
 マウスイベントの取得
 NSOpenPanelの使用
 ビューへのイメージの合成
 ビューの座標系
 オートスクロール
 もっと詳しく:NSImage
 課題
第19章 キーボードイベント
 NSResponder
 NSEvent
 カスタムビューを用いた新規プロジェクトの生成
 もっと詳しく:ロールオーバー
 ぼんやりとした青の枠囲み
第20章 属性付きテキストの描画
 NSFont
 NSAttributedString
 文字列および属性付き文字列の描画
 文字の表示
 ビューを取得してPDFデータを生成する
 もっと詳しく:NSFontManager
 課題1
 課題2
第21章 ペーストボードとNILターゲットアクション
 NSPasteboard
 BigLetterViewにカット、コピー、ペーストを追加する
 nilターゲットアクション
 もっと詳しく:アクションメッセージを送信しているのはどのオブジェクトか?
 もっと詳しく:UTIとペーストボード
 もっと詳しく:遅延コピー
 課題1
 課題2
第22章 カテゴリ
 NSStringにメソッドを追加する
 もっと詳しく:プライベートメソッドの宣言
第23章 ドラッグ&ドロップ
 BigLetterViewをドラッグ元にする
 BigLetterViewをドラッグ先にする
 もっと詳しく:操作マスク
第24章 NSTIMER
 インターフェースのレイアウト
 接続を行う
 TutorControllerにコードを追加する
 もっと詳しく:NSRunLoop
 課題
第25章 シート
 シートの追加
 もっと詳しく:contextinfo
 もっと詳しく:モーダルウィンドウ
第26章 NSFORMATTERの作成
 基本的なフォーマッタ
 NSControlクラスの委譲
 部分文字列の確認
 属性付き文字列を返すフォーマッタ
 もっと詳しく:NSValueTransformer
第27章 印刷
 改ページの処理
 もっと詳しく:描画先は画面ですか?
 課題
第28章 Webサービス
 RanchForecastプロジェクト
 URLを開く
 課題:WebViewを追加する
第29章 ブロック
 ブロックの構文
 課題:委譲を設計する
第30章 iOS向けの開発
 RanchForecastのiOSへの移植
 RootViewController
 ナビゲーションコントローラの追加
 ScheduleViewController
 UITableViewController
 ビューコントローラのブッシュ
第31章 ビューのスワップ
 はじめに
 MyDocumentへのビュースワップの追加
 ウィンドウのサイズ変更
第32章 CORE DATAのリレーションシップ
 モデルの編集
 カスタムNSManagedObjectクラスの作成
 インターフェースのレイアウト
 イベントとnextResponder
第33章 CORE ANIMATION
 Scattered
 暗黙的なアニメーションとアクション
 課題1
 課題2
第34章 同時実行
 マルチスレッド化
 Scatteredの改良:Instrumentsでのタイムプロファイリング
 NSOperationQueue
 もっと詳しく:より高速なScattered
 課題
第35章 COCOAとOPENGL
 簡単なCocoa/OpenGLアプリケーション
第36章 NSTASK
 ZIPspector
 課題:.tarと.tgzファイル
第37章 アプリケーションの配布
 ビルド構成
 リリースビルドの作成
 アプリケーションのサンドボックス化
 Mac App Store
第38章 終わりに
索引

ご注文

4,200円+税

カートに入れる

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧