Z80アセンブラ入門

Z80アセンブラ入門
著者 堀 桂太郎
浅川 毅
ジャンル 情報・コンピュータ
出版年月日 2004/12/01
ISBN 9784501538507
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

Z80初学者用「アセンブラ言語」入門書

 Z80は,ザイログ社が1976年に開発したマイコンであり,パソコンや制御用のCPUとして絶大な人気を得ていました。その後,日本の多くのメーカーから,Z80互換のCPUを入手できるようになりました。
 そして,登場から長い年月を経た現在でも,制御用マイコンとして根強い人気があります。これは,日進月歩のコンピュータ界においては,まさに驚くべき事実です。また,マイコン教育の分野でも,Z80を教材にしている教育機関が多くあります。現在は,非常に高性能なCPUが多く開発されていますが,基本原理はどれも同じです。したがって,シンプルなZ80について学べば,CPUの基本原理を容易にマスターできます。
 本書は,初めてZ80 CPUについて学びたいと考えている方々を対象にしたアセンブラ言語の入門書であり,次のような特徴があります。
 ・マイコンを初めて学ぶ人にも理解できるように2進数の扱いやマイコンの基本構成など,マイコンの基礎から説明した
 ・ハードウェアについては,深入りせずに,プログラミングに必要とされる内容に的を絞った
 ・Z80 CPUのすべての命令(67種類)について明快に解説した
 ・内容の理解を深めるために,例題や演習問題を用意した
 ・実践的なプログラミング能力を育成するために,基本レベルから実用レベルまでをカバーしたチャレンジ問題を40題用意した
 さらに,著者らが長年にわたりマイコン制御教育の一環として取り組んできたロボット競技大会で得たノウハウを活かし,これらのプログラミングでよく使われるプログラミングテクニックについても解説しました。
 本書が,皆様のマイコン学習の手引きとして役立つことを祈っています。
 最後になりましたが,本書を出版するにあたり,多大なご尽力を頂いた東京電機大学出版局の植村八潮氏,石沢岳彦氏にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
2004年 9月
著者らしるす


◆書籍関連情報◆


関連ファイルのダウンロード

第1章 マイコンでのデータの扱い
 1.1 2進数と16進数
 1.2 2進数の計算
 1.3 論理演算
 演習問題
第2章 マイコンの基礎
 2.1 マイコンとは
 2.2 Z80マイコン
 2.3 プログラム開発
 演習問題
第3章 アセンブラ言語
 3.1 命令の種類と形式
 3.2 疑似命令の働き
 3.3 アドレッシング
 3.4 機械語命令の働き
 3.5 アセンブル例
 演習問題
第4章 基本プログラムの作成
 4.1 プログラムの書式と記述例
 4.2 フローチャート
 4.3 基本操作
 演習問題
第5章 応用プログラムの作成
 5.1 副プログラム
 5.2 制御プログラム
 5.3 応用プログラム
 演習問題
第6章 プログラム開発実習
 6.1 ハンドアセンブル実習
 6.2 アセンブラソフトによる開発
 6.3 プログラミング実習

チャレンジ問題
演習問題の解答
付録1 Z80アセンブラ早見表
付録2 Z80命令セット
付録3 マイコンなどの入手先
参考文献
索引

ご注文

2,400円+税

カートに入れる

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧