CAD利用技術者試験2級標準問題

CAD利用技術者試験2級標準問題
著者 浅野 健一
ジャンル 情報・コンピュータ
出版年月日 2003/03/01
ISBN 9784501535308
判型・ページ数 B5・240ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

問題分析と技術の本質理解を深め試験対策に最適

 「CAD利用技術者試験」は社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会のCAD利用技術者試験センターが主催,認定するパーソナルCAD資格試験です.
 2級試験は主としてCADシステムを使用して実務に就いている方や,これからCADシステムを使用して実務に利用して方を対象として,CADシステムの関連知識の理解を問うものです.
 2級試験の合格は1級試験の受験資格となっています.したがって,2級試験においてもCADシステムの操作能力を学科試験で問われることになります.
 本書は,2級試験において問われるCADシステムに関する知識について,平成9?12年の1・2級および平成13?14年の2級筆記試験において出題された問題を体系的にまとめ,著者による解答と解説を行ったものです.特に「コンピュータとネットワーク」,「図形」,「製図法」,「CADシステム」に重点を置いて解説しました.
 平成12年度までは1級試験においても学科試験を行いましたが,平成13年度からは1級は実技試験のみ,2級は学科試験のみ試験を行うように変更となりました.また,同時期から徐々に試験実施方法が改定となり,5者択一式から3者択一式,真偽問題の追加,問題数の追加,問題数の増加などが行われています.
 本書で扱う過去問題は,これらの変更に遭わせて5者択一式から3者択一式などの変更を行わせていただきました.
 なお,本書では紙面の都合により「3次元CAD」および「CADシステムの運用と著作権」についての解説を省略させていただきました.これらについては社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会が発行する「CAD利用技術者試験ガイドブック」を参照していただきたいと思います.
 読者の皆様が本書を有効に利用していただき,2級試験に合格されることを心から願っております.
 最後になりましたが,本書の出版に際し,CAD利用技術者試験において過去に出題された問題の掲載の許可をいただきました社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会の皆様に心から感謝いたします.
 また,図面や原稿の遅れを辛抱強くお待ちいただいた東京電機大学出版局の植村八潮氏,石沢岳彦氏に感謝申し上げます.

 2003年2月
受験案内
  受験対策
第1章 コンピュータのハードウェア
1.1 コンピュータの構成と機能
1.2 コンピュータ処理能力と単位
1.3 パーソナルコンピュータのバス
1.4 内部記憶装置
1.5 外部記憶装置(補助記憶装置)の構造と主な用途
1.6 周辺装置とインターフェース
1.7 ディスプレイ装置
1.8 図形入力装置
1.9 図形出力装置
1.10 ハードウェアと単位
1.11 情報量を表す単位
章末問題

第2章 コンピュータのソフトウェア
2.1 ユーザーインタフェースとOS
2.2 Windowsの知識
章末問題

第3章 ネットワーク
3.1 ネットワークの種類とカバーエリア
3.2 LANの論理的な接続形態による分類
3.3 LANの形態
3.4 LANを構成するハードウェア
3.5 クライアント/サーバ型LANとピアツーピア型LAN
3.6 通信プロトコルとOSI基本参照モデル
3.7 インターネット
3.8 イントラネットとエクストラネット
3.9 通信回線と接続装置
章末問題

第4章 CADシステム
4.1 CADシステムに関する用語
4.2 CADシステムの機能と運用
4.3 CADシステムの作図機能とコマンド
4.4 CADシステムの編集機能とコマンド
章末問題

第5章 製図法
5.1 図面の大きさと様式
5.2 尺 度
5.3 線
5.4 投影法
5.5 寸 法
5.6 軸測投影と斜投影
章末問題

第6章 図 形
6.1 平行条件と同位角,錯角,対頂角
6.2 三角形の性質
6.3 平行四辺形の性質
6.4 円の性質
6.5 三平方の定理
6.6 三角形の比と三角関数
6.7 弧度法
章末問題

章末問題の解答
 第1章 『コンピュータのハードウェア』
第2章 『コンピュータのソフトウェア』
 第3章 『ネットワーク』
 第4章 『CADシステム』
 第5章 『製図法』
 第6章 『図 形』

索引

ご注文

2,700円+税

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧