新・数学とコンピュータシリーズ(10) Mathematicaによる離散数学入門

新・数学とコンピュータシリーズ(10) Mathematicaによる離散数学入門
著者 片桐 重延 監著
室岡 和彦
ジャンル 情報・コンピュータ
出版年月日 1997/04/01
ISBN 9784501526108
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

 コンピュータ科学の数学的な基礎である離散数学を従来からある身近な題材を中心に,Mathematicaを用いて問題解決をしている。
第1章 Mathematica
第2章 離散化のアイデア
第3章 数え上げの方法
第4章 数列を作る
第5章 データ処理と確率
第6章 離散構造

ご注文

2,500円+税

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧