自動車エンジン工学 第2版

自動車エンジン工学 第2版
著者 村山 正
常本 秀幸
ジャンル 機械
出版年月日 2009/04/01
ISBN 9784501418205
判型・ページ数 A5・256ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

第1章 内燃機関の歴史
 1.1 ルノアールからオットーまで
 1.2 ダイムラー,ベンツの功績
 1.3 ディーゼル機関の夜明け
 1.4 内燃機関性能の歴史
第2章 サイクル計算,および出力
 2.1 安全ガスサイクル
 2.2 燃料・空気サイクル
 2.3 実際のサイクル
 2.4 出力の計算
 2.5 燃費
 2.6 ヒートバランス
第3章 燃料,および燃焼
 3.1 内燃機関用燃料の特性
 3.2 炭化水素の燃焼
 3.3 燃焼計算
第4章 火花点火機関
 4.1 混合気の形成
 4.2 気化器
 4.3 電子式燃料噴射装置
 4.4 点火システム
 4.5 ガソリン機関の燃焼
 4.6 リーンバーン燃焼
第5章 ディーゼル機関
 5.1 燃料噴射システム
 5.2 ディーゼル機関の分類
 5.3 ディーゼル機関の燃焼
第6章 内燃機関による大気汚染
 6.1 大気汚染の歴史と現状
 6.2 大気汚染物質の発生
 6.3 排気ガスと健康
 6.4 ガソリン機関の排気対策
 6.5 ディーゼル機関の排気対策
第7章 シリンダー内のガス交換
 7.1 4サイクル機関の吸排気行程
 7.2 吸入効率
 7.3 体積効率の静的改善方法
 7.4 体積効率の動的改善
 7.5 2サイクル機関の掃気過程
 7.6 過吸システム
 7.7 吸排気騒音
第8章 冷却
 8.1 冷却の基本
 8.2 冷却方式
第9章 潤滑
 9.1 潤滑概論
 9.2 エンジンオイル
 9.3 潤滑系
第10章 内燃機関の機械力学
 10.1 バルブ機構
 10.2 ピストン・クランク機構の運動と慣性力
 10.3 平衡
 10.4 トルク変動とフライホイール
 10.5 クランク軸系の捩り振動とトーショナルダンパ

ご注文

2,700円+税

カートに入れる

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧