未来のエンジニアに贈るメカトロニクスガイド

未来のエンジニアに贈るメカトロニクスガイド
著者 見崎 正行
小峯 龍男
ジャンル 機械
出版年月日 1998/03/01
ISBN 9784501414405
判型・ページ数 A5・234ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

 本書は”技術”や”ものづくり”に興味をもった初学者を対象に、メカトロニクスの普遍的な技術分野を解説。電気・電子の基礎からメカトロニクスの応用技術まで、図面を多く用いて幅広く網羅してある。  

 著者らは“技術・ものづくり”への興味をもった初学者とともに,メカトロニクスとは何かを手探りで模索してきました。本書はそれらの講義や実験などの学習用にまとめた150ページあまりのテキストの内容を精選し,図面を主体として新たに編纂したものです。
 メカトロニクスは1970年代後半に社会情勢に呼応するかのように先端技術として華々しく登場しました。技術は時とともに姿を変え,吟味・練成されて本当に必要なものが次世代への基礎技術として定着するものだと思います。このように考えると,メカトロニクスを説明する「電子技術と機械技術の融合技術である」という定義もそろそろ衣更えをしなければならない時かも知れません。
 電子工学や機械工学を専門とする方々からすると,本書にはそれぞれの分野の基礎的な部分と周辺的な内容が混在しているような印象をお持ちになるかもしれません。それは著者らが電子工学や機械工学の範疇にこだわらずに,メカトロニクスにはこれが必要だと考えるものを集めた結果です。
 本書はメカトロニクスの普遍的な技術分野を紹介する目的で構成しました。原書のテキストではコンピュータのソフトウエアや制御にも触れましたが,変化の著しい分野なので本書では割愛いたしました。
 本書の執筆は次のように分担いたしました。
  見崎 正行:電子工学を基盤としてメカトロニクスに必要な電気と電子の基礎項目を精選しました。第1章?第4章,および第9章。
  小峯 龍男:機械工学の視点からメカトロニクスに必要と考える技術を関連する周辺分野から採り入れました。第5章?第8章。
 著者らは,一人でも多くの方々に“技術・ものづくり”への興味をもっていただきたいと願っています。そして,本書が工学や技術の入り口に立つ初学者への助けとなればと考えています。
 本書の出版にあたり,東京電機大学出版局の方々には多くのご迷惑をおかけいたしました。岩下 行徳氏には出版のお勧めをいただき,教材用のテキストを立派な書籍とする機会をいただきました。植村 八潮氏には本書の原書となるテキスト製作のすべてをお世話になりました。石沢 岳彦氏には企画の当初から仕上げまでのすべてを長期間にわたってお世話になりました。お力添えをいただいた多くの皆様にお礼申し上げます。
  1998年3月

見崎 正行・小峯 龍男
第1章 はじめての電気
第2章 まずは汎用部品から
第3章 アナログの助っ人
第4章 ようこそディジタルの世界へ
第5章 メカニズムはメカトロニクスの素
第6章 状況を知ろう センサの話
第7章 メカトロニクスの運動機器
第8章 ものを動かすメカトロ制御系
第9章 回路製作のヒント

ご注文

2,400円+税

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧