機械計算法シリーズ 機械の力学計算法

機械計算法シリーズ 機械の力学計算法
著者 橋本 広明
ジャンル 機械
出版年月日 1997/02/01
ISBN 9784501413804
判型・ページ数 A5・116ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

 本書は,基礎的な公式や数式をできるだけわかりやすく説明してあり,各章とも例題と解答を豊富に取り入れ,これを基に練習問題を解き,実力をつける。

 本書は,次にあげる人々のために機械力学の基礎的な公式や数式をできるだけわかりやすく説明し,その応用問題の解き方を理解しやすく解説したものである.
 (1)工業高等学校および工業高等専門学校の機械科の生徒または学生
 (2)大学の理工学部および工学部機械工学科の学生
 (3)技術士試験の受験者
 最近の生徒,学生諸君は,数学や力学の重要性を十分認識しているにもかかわらず,その学習にあたっては,定理や法則の理解の程度あるいは応用の面において,かなり不十分なものがあるようである.その理由はいろいろあると思うが,その主な理由は,数多くの練習問題を自分自身の力で解いてみるという努力が不足していることにある.単に教室で講義を聞き,あるいは書物を読むだけでは本当の力は身につかない.与えられた問題を自分で解けるまで考え,計算をいとわず,行き届いた解答をかくという努力があってこそ初めて自分のものになるのである.
 本書は,静力学,運動学,動力学,振動学の4章からなり,各章とも例題を豊富に準備し,その解説が載せてあるので,それを手がかりにして,練習問題を自ら解いてほしい.ただ,計算は概算であるから,精密な計算との間には多少の誤差を生ずるのでご了承願いたい.
 なお,執筆にあたっては多くの文献を参考にしたので,ここでそれらの著者に深く感謝の意を表す.また,本書の刊行にあたって,東京電機大学出版局の方々の絶大なるご支援をいただいた.ここに記して謝意を表したい.
 1997年2月
 著者しるす
第1章 静力学
 1・1 力の合成
 1・2 重心,力のつり合い
 1・3 摩擦
第2章 運動学
 2・1 速度と加速度
 2・2 接線加速度と求心加速度
 2・3 相対運動
第3章 動力学
 3・1 質点の力学
 3・2 仕事,動力,エネルギー
 3・3 運動量,力積,衝突
第4章 振動学
 4・1 単振動
 4・2 振子
 4・3 減衰振動
 4・4 強制振動
付 表
索 引

ご注文

1,400円+税

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧