航空無線通信士 試験問題集

合格精選400題

航空無線通信士 試験問題集

「航空通」の既往問題を精選して収録。無線工学の分野を多く掲載し、電気・電子理論の基礎から電波伝搬までをくまなく網羅。

著者 QCQ企画
ジャンル 電子・通信
出版年月日 2013/05/01
ISBN 9784501329501
判型・ページ数 A5・264ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

「航空通」の既往問題を精選して収録。詳しい解答と解説により、試験合格への実力を養成。無線工学の分野を多く掲載し、電気・電子理論の基礎から電波伝搬までをくまなく理解できるようまとめた。

 世界的に見て旅客機の小型化が進み,またLCCと呼ばれる格安な航空運賃で運行する航空会社が増加するのに従って,当然のことながら航空機の数が増加しています.航空機の数が増加すれば,それに伴って航空機の操縦士(パイロット)や航空整備士の数も増加するのは必然的なものです.

 こんな事情から,近年,航空従事者数が増え,なかでも無線通信に従事するための国家資格である航空無線通信士の免許を取得する方が増加しています。
 本書は,そんな皆さんの需要に応えるため平成14年から最新の試験問題を集め,合格のために必要な問題を精選して収録しました.航空無線通信士は,定期運送用操縦士や事業用操縦士として航空機に乗務する,とくに旅客機のパイロット,そして航空整備士としての仕事に従事される方には必須の免許です。

 航空無線従事者の資格としては別に航空特殊無線技士という資格がありますが,この資格では航空機に搭載されている無線設備の技術操作が許可されておらず,また従事時範囲はもっぱら国内に限定されていますから,航空無線従事者としての仕事のためにはこの航空無線通信士の資格の免許取得を目指して下さい.

 受験者の皆さんが,本書で勉強され,合格されることを祈念しています.

 平成25年5月
 編者しるす

◆正誤表◆


正誤表のダウンロード
無線工学
 電波の性質
 電気物理
 半導体
 電気回路
 電子回路
 通信方式
 送信機
 受信機
 航法装置
 電 源
 アンテナ及び給電線
 電波伝搬
法 規
 目的・定義
 無線局の免許
 無線設備
 無線従事者
 運用・電波法
 運用・運用規則
 監督・罰則
 業務書類
 無線通信規則
電気通信術と英語
 電気通信術
 英語(英文和訳)
 英語(和文英訳)
 英会話

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧