第一級陸上特殊無線技士 試験問題集 第2集

合格精選470題

第一級陸上特殊無線技士 試験問題集 第2集

表問題/裏解答解説の使いやすさはそのまま。近年の新傾向問題を中心に収録問題をセレクト。既刊の問題集と重複しない内容。

著者 吉川 忠久
ジャンル 電子・通信
出版年月日 2011/01/01
ISBN 9784501327804
判型・ページ数 A5・288ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

既刊「一陸特試験問題集」の第2集。既刊のB6版からA5版に拡大。解説の更なる充実と、電波法規などの長文問題も読みやすくした。表問題/裏解答解説の使いやすさはそのまま。近年の新傾向問題を中心に収録問題をセレクト。既刊の試験問題集と重複しない内容。

合格をめざして
 第一級陸上特殊無線技士(一陸特)の免許は,固定通信を行う固定局や人工衛星と通信を行う地球局などの無線局の無線設備を運用する無線従事者として必要な資格です.あるいは,無線設備の製造メーカーなどが無線局を点検するために総務大臣の登録を受けた登録点検事業者において,点検員として必要な資格です.
 そこで国家試験においては,これらに勤務するエンジニアとして必要な知識があるかどうかが判断されます.
 したがって,国家試験に合格すれば,必要な知識を持っていることが証明されるわけです.

 国家試験は,合格するためにあるのです!

 効率よく合格して,エンジニアとして活躍してください.

 第1集が出版されてから数年が経過しています.国家試験の出題範囲などの状況は変わっていませんが,多数の新しい問題が出題されています.そこで本書では,最新の問題を厳選して収録しました.また,確実に合格するために,第1集に比較して多くの問題を収録しました.特に,最近の出題傾向としては類題が多く出題されていますので,内容がほとんど同じ問題でも誤りやすい類題は収録しました.

 本書は国家試験の最新問題集なので,問題の種類や解説の内容が不十分な部分もあります.姉妹書である「一陸特受験教室 無線工学」「一陸特受験教室 電波法規」では,国家試験の出題範囲の内容を詳細に解説してあります.また,「一陸特 集中ゼミ」は,要点を簡潔にまとめてあります.
 本書を繰り返し学習すれば合格点をとる力は十分つきますが,これらの姉妹書と合わせて学習することお勧めします.

 本書によって一人でも多くの方が一陸特の国家試験に合格し,資格を取得することのお役に立てれば幸いです.

 2010年12月
 著者しるす


版元から一言


最近の一陸特試験で出題された新傾向の問題と解説を下記のリンクよりPDFで公開しています.ご利用ください.
第一級陸上特殊無線技士問題集 合格精選470題試験問題集第2集への追加問題(H24.1.7)
第一級陸上特殊無線技士問題集 合格精選470題試験問題集第2集への追加問題(H23.8.30)
第一級陸上特殊無線技士問題集 合格精選470題試験問題集第2集への追加問題(H23.3.10)



関連リンク


第一級陸上特殊無線技士試験 集中ゼミ 第2版 一陸特受験教室 無線工学 一陸特受験教室 電波法規
・ダウンロード:追加問題(平成23年2月期試験より)
・ダウンロード:追加問題(平成23年6月期試験より)


上記内容は本書刊行時のものです。
合格のための本書の使い方

第1部 無線工学
 多重通信システム
 基礎理論
 変調
 送受信装置
 中継方式
 レーダ
 アンテナ
 電波伝搬
 電源
 測定
第2部 電波法規
 電波法の概要
 無線局
 無線設備
 無線従事者
 運用
 監督
 罰則
 業務書類

ご注文

2,500円+税

カートに入れる

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧