電気理論の入門 第3版

電気理論の入門 第3版
著者 大熊 栄作
ジャンル 電気
出版年月日 1975/04/01
ISBN 9784501002008
判型・ページ数 A5・276ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

 電気磁気学と交流理論を一冊にまとめた入門書で,特に,初めて学ぶ人が理解できることを目標に平易に
第1章 電気はどんな性質をもっているか
第2章 やさしい直流回路はどのように計算するか
第3章 電気抵抗の性質を調べる
第4章 複雑な直流回路はどのように計算するか
第5章 電池のつなぎ方と計算のしかた
第6章 電気のする仕事
第7章 電流は熱を発生する
第8章 電流の化学作用を調べる
第9章 磁気にはどんな性質があるか
第10章 電流のつくる磁界
第11章 モータとメータの原理を調べる
第12章 発電器と変圧器の原理を調べる
第13章 静電気とコンデンサ
第14章 ガス体や真空中に飛び出す電子
第15章 ガス体中の放電のいろいろ
第16章 交流の表わし方と性質
第17章 かんたんな交流回路の計算のしかた
第18章 抵抗とリアクタンスの直列回路の扱い方
第19章 交流の並列回路の扱い方
第20章 交流の電力はどのように計算するか
第21章 三相交流の扱いかた

ご注文

2,200円+税

外部サイトで調べる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧