科学技術と教育を出版からサポートする

2005年11月30日から12月4日まで,5日間に渡り開催された第7回モスクワ国際ノン/フィクションブックフェアに参加した。
 国際交流基金(JF)と出版文化国際交流会(PACE)が共同出展するナショナルブースの設営,会期中の各種問い合わせに対する応対,出版事情の調査などを目的とした専門家としての派遣である。
 JFとPACEは共同プロジェクトとして,出版物を通した国際的な文化交流や海外における日本理解,日本研究の促進を目指し,毎年数十件の国際ブックフェアに出展参加している。展示書籍は,会期終了後,日本に関する研究や教育を行う教育機関に寄贈される。今回も,在ロシア日本大使館を通して展示した600点弱の書籍すべてを寄贈した。

non/fiction

出展はフランス,ドイツ,ポーランド,東欧,北欧,さらに旧ソビエト連邦構成共和国を中心に13カ国,224の出版社,団体,書店などである。アジアからは日本ブースが唯一である。ブックフェアの正式名称には,high-quality fiction and non-fictionとある。フィクションとノンフィクションの良書展示を目的とした,比較的小規模のフェアである。
 モスクワにはもう一つ「モスクワ国際ブックフェア」という出展団体3000社,入場者数30万人という巨大ブックフェアがある。規模では対抗できないが,品質を維持することで存在感を示している。この背景にはロシア市民の本好きがある。ゴーリキー,ドストエフスキーに代表される重厚なロシア文学の伝統は,今でも市民の間に受け継がれている。
 また,現代日本作家の人気も,噂に聞いていた以上のものであった。きっかけは村上春樹である。ソ連邦崩壊当時,若者の不安とアイデンティティ喪失感がムラカミワールドを支持したと言われている。さらに村上龍,吉本ばなな,OUTの桐野夏生ら推理作家が次々と翻訳出版されている。

CD-ROM/DVD出版

会場で電子出版物を探すと,CD-ROMやDVDによる専門出版社が複数,出展していた。美術,教育教材,歴史分野などの画像を収めたものやオーディオブックである。特に小説の朗読をMP3ファイルで収めたオーディオブックはかなりの人気のようである。
 日本ではニッチ市場にすぎない朗読テープであるが,米国では定番分野である。アマゾン・コムでベストセラーを検索すると,カセットテープやCDが別売されていることに気づく。車社会の米国では,通勤途中にビジネス書やハリーポッターなどの小説もカーステレオで聞いているのである。
 一方,ロシアは米国と事情が異なりレコード文学という伝統が大きい。テレビ番組も少なく一般家庭の娯楽が少なかったロシアでは,夜,家族が集まって朗読レコードを聴く習慣があったという。
 東京国際ブックフェアでは,ほとんど見られない作家や詩人の朗読会も,出版社ブースで積極的に行われていた。文学を聞くことはロシア人にとってポピュラーのようである。
 デジタルコンテンツのダウンロード販売は準備中や検討中と答える社が多かった。背景としては個人でパソコンを持つ人が,まだ少なく,持っていてもダイヤルアップによるネット接続環境であることが大きな理由である。このためインターネットカフェはどこでも盛況であった。ただ,先駆的な試みとしてT-Timeのような専用ビューワーソフトと電子書籍を販売する会社もあった。
 Mobilebookというブランドでケータイ書籍を展開している会社もあった。残念ながら聞きそこなったのだが,会期中,同社によるセミナーが行われていた。会場で配布されていたチラシには「電子書籍は,いつでもどこでも購入して読むことができる」と,どこかで聞いたような惹句が並んでいた。