少部数専門出版とデジタル技術を考える

少部数専門出版とデジタル技術を考える オンデマンド出版の現状と可能性

オンデマンド出版ブーム

 1999年出版界の十大ニュースを考えると,トップが「3年連続のマイナス成長となった長引く出版不況」。それに続くのが「オンライン書店の成長」と「オンデマンド出版」ではないだろうか。特にオンデマンド出版は,大手取次,書店,印刷会社が次々とサービスを発表したことでブームとなっており,過剰在庫に悩む出版界の救世主としてやや過熱気味に報道されている。当面,品切れ絶版本の出版や少部数出版への利用が期待されているものの,それだけでは極めてニッチな市場である。将来オンデマンド出版がもたらす可能性も含め考える必要がある。

 オンデマンド出版とはBook On DemandあるいはOn Demand Publishingともいわれ,それぞれBOD,ODPと略されて呼ばれる。このことはゼロックスが93年にDocuTechを販売した際のキャッチフレーズPrint On Demandから始まっている。文字通りオンデマンド(要望に応じて)であり,本をデジタル化して保存,読者の注文に応じて1部から印刷製本するサービスである。もとになっているオンデマンド印刷技術は,すでに実績があり,マニュアルやパンフレット,戸別郵送されるカタログ,DMに利用されている。

(続きを読む…)

少部数専門出版とデジタル技術を考える 「デジタル出版」で生き残る少部数専門出版社

専門書出版はどこに活路を見出すか

 全国に書店は2万5000店あるが,専門出版社の本は初版が1500部〜2500部止まりである。だから,全国で500書店くらいにしか配本できない。実際のところ,専門書の読者人口はひとつの書店で1冊当たり1人,ないし2人で限界だろう。書店におけるPOSは,コンビニエンスストアのように有効ではなく,特に専門書に関しては全く功を奏さない。その書店がどういう読者を抱えているか,詳しいデータがPOSからは見えないからだ。
 その上,専門書店や大型店の専門コーナーに1〜2冊置かれていても,それが買われて売り切れると,取次から出版社に注文が入って,書店に再び入庫するまで1〜2週間かかる。その間店頭から本は消えている。
 だからインターネットが登場したときには,本当に朗報だと思った。例えば,「PostScript」というキーワードで東京電機大学出版局の本を見つけてもらい,注文を受け取れる。
 中小零細規模の出版社が再販制度等の廃止の後,どうやって生き延びるのか。出版文化を守るとはどういうことかを考えたときに,これからの専門書出版のあり方として,デジタルとネットワークに注目しなければいけないだろう。

(続きを読む…)

少部数専門出版とデジタル技術を考える 少部数出版と流通革命 後編

少部数出版と流通革命 —いま,印刷界に突きつけられるテーマとは? 後編

 始めに,読者の皆さんに簡単なクイズである。「日本で一番売り上げの多い書店チェーンはどこか?」おそらく,多くの方が紀伊國屋書店か三省堂書店と考えたのではないだろうか。残念ながらハズレである。「では丸善書店か旭屋か」それもハズレ。となったあたりでお気づきの方もいると思う。そう,一般に本屋と呼ばれるチェーン店ではないのである。正解は「セブンイレブン」である。
 セブンイレブンは1993年に雑誌・書籍の売り上げが1000億円を超え,同時に紀伊國屋書店を抜いて日本一の書店となり,業界に大きな衝撃を与えた。昨年度の紀伊國屋書店の売り上げは1125億円(97年8月31日決算)。これに対し,セブンイレブンは1392億円。コンビニエンスストア(CVS)全体の雑誌・書籍の売り上げは5455億円で,何と出版物総販売額の15%を占めている。そのうち雑誌は約95%を占め,圧倒的である。CVSが90年代の出版界の量的拡大を支えてきたといえるのである。

(続きを読む…)

少部数専門出版とデジタル技術を考える 少部数出版と流通革命 前編

少部数出版と流通革命 —いま,印刷界に突きつけられるテーマとは? 前編

 1998年の出版界は未曾有の出版不況であった。一昨年,出版界では総売上額が戦後初のマイナス成長を記録し,昨年はさらに厳しい結果に終わった。「出版ニュース」(’98年12月下旬号)では,’98年の「出版界・読書界10大ニュース」を特集しているが,トップにこの「未曾有の出版不況・いずれも減収減益」をあげている。以下,「公正取引委員会の著作物再販制度」「中央公論社の経営不振」と続き,6位に「CD-ROM版百科事典,大型辞・事典刊行相次ぐ」,9位に「国立国会図書館創立50周年,電子納本が課題に」,10位に「新たな書籍メディアに向けて電子書籍コンソーシアム設立」となっている。
 この10大ニュースを見ると,出版界のおかれた現状と将来に向けた試行錯誤が縮図のようによく現れている。
 本は売れない。経営不振の出版社も多く,リストラの波が押し寄せている。また再販制度の見直しの中で,流通問題と返品の増大がたびたび指摘されている。制度の存廃については’98年3月に当面の維持が決まったとは言え,公取委から流通改善を強く迫られており,さらに2年後の廃止を予想する声も聞こえる。そうなれば出版構造を揺るがす激震となることは間違いなく,特に少部数専門出版への影響は明らかである。生き残ることはできるのか。それは出版社の淘汰のことではなく,出版文化の継承が問われているのである。 (続きを読む…)

植村八潮(うえむらやしお)

■プロフィール

1956年千葉県出身 78年、東京電機大学工学部卒業、同年4月、東京電機大学出版局に配属。主に理工系専門書単行本や電子出版物の編集業務に携わる。2007年4月から2012年3月まで局長。 2000年から日本出版学会理事・事務局長、現在は副会長。そのほか、国内の標準化委員や電子ペーパーにかかわる調査委員を務める。