科学技術と教育を出版からサポートする

 

数理議論学

コンピュータ

若木 利子(著) / 新田 克己(著)

A5判  200頁 上製
 3,600円+税
ISBN 978-4-501-55550-4 C3004
在庫あり

奥付の初版発行年月 2017年03月
書店発売日 2017年03月10日
登録日 2017年01月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加

解説

人工知能分野において新たに確立された「数理議論学」について解説。この理論は、意思決定や裁判支援、マルチエージェントシステムによる推論や交渉などに応用が可能。

紹介

意思決定や裁判支援、マルチエージェントシステムによる推論や交渉などに応用が可能な数理議論学について解説。

人工知能分野において新たに確立された「数理議論学」について解説。この理論は、意思決定や裁判支援、マルチエージェントシステムによる推論や交渉など、あらゆる分野の垣根を超えて活用することが可能。AI分野における議論研究に関する教科書・参考書として最適。

著者プロフィール

若木 利子(ワカキ トシコ)
新田 克己(ニッタ カツミ)

上記内容は本書刊行時のものです。

弊社の本ではございません

ご注文はこちらから 質問する

3,600円(税抜)

在庫あり

送料500円

代金引換払いで直接購入

本を購入する 
購入手順のご案内
発売前の商品を購入することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください